よくある質問

 

①来院・アクセスについて

②小児(15歳未満のお子さん)の受診について

③耳鼻科と病気について

④新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策について

 

①来院・アクセスについて

 

Q:初めてですが予約が必要ですか?予約なしでも受診可能ですか?
A:当日に時間を指定しての予約が可能ですが、予約なしでも受診いただけます。
当日の順番をとることもできます。予約時間、順番が来るまでに必ず受付をお済ませください。
詳しくはこちらへ。

 

Q:明日以降の日付での予約はできますか?
A:インターネットから日時を指定しての予約が可能です。予約時間までに必ず受付をお済ませください。
詳しくはこちらへ。

 

Q:駐車場はありますか?
A:患者様専用駐車場が1台分、当院ビル南側にあります。
空いていなかったら当院南側の有料駐車場(パークジャパン赤羽北第1駐車場)をご利用ください。
駐車直後に精算機より駐車証明書を発行して受付時にお出しください。診察終了後、会計時に駐車券(40分間分)をお渡しします。(※駐車後にかかった時間にかかわらず40分券のみです)
詳しくはこちらへ。

 

Q:午前と午後の最終受付時間は何時ですか?
A:午前は12時30分まで、午後は18時30分までにご来院ください。
この時間を過ぎると受付ができないので、ご注意ください。

 

Q:比較的空いている曜日・時間帯はありますか?
A:混雑は少なく、いわゆる三密にはなっていません(R2.5月現在)。
開始直後や終了間際には少々順番待ちはできる日もあります。

 

Q:車いすやベビーカーでそのまま行っても大丈夫ですか?
A:大丈夫です。当院はバリアフリーですので、ご心配なさらず、どうぞそのままお越しください。
ビル北側のエレベーターをご利用ください。

 

②小児(15歳未満のお子さん)の受診について

 

Q:子どもは何歳から診てもらえますか?
A:年齢制限はありません。生まれてすぐの赤ちゃんの受診も可能です。
耳をさわる仕草が多い、鼻がつまって苦しそうなときは受診をおすすめします。

 

Q:子どもの場合耳鼻科、小児科のどちらを受診すればよいでしょうか?
A:首から上が耳鼻科領域です。耳、鼻、のどに関する症状はもちろんのこと、お子さんがよくかかる風邪も得意分野ですので、ぜひご相談ください。

 

Q:子どもの診察の際に、親も一緒に診察してもらうことは可能でしょうか?
A:もちろん大丈夫です。例えば風邪などが家族間でうつることがよくあります。
そんな時にもご家族皆様で同時にかかれることは、患者様にとって便利なのではないかと考えております。

 

Q:子どもが大人しく待てるか不安です。
A:当院では待ち時間を極力短縮するため、日時予約と当日順番取りシステムを導入しております。
病院自体が苦手なお子様もいらっしゃるかと思いますので、広めのキッズスペースもあり、なるべく楽しい雰囲気作りを心がけております。どうぞ安心してお越しください。

 

Q:子供の耳垢が気になるのですが、診てもらえますか?
A:お子さんの耳の穴は小さく奥が見えにくく、なかなか静止してくれません。
自宅で無理をせずに耳鼻科の受診をおすすめします。

 

Q:子供の鼻吸いだけでもいいですか?
A:大丈夫です。鼻がつまっていると夜に起きてしまい眠れなくなったり、機嫌が悪くなったりします。
ご家庭で取りきれない場合は耳鼻科の受診をおすすめします。

 

Q:診察の時に子供が暴れてしまいます。診察を受けることができますか。
A:お子さんが暴れてしまう場合や、お母さんが妊娠中でお腹が大きく抱っこできない場合は、保護者の方に代わって当院スタッフがお子さんを抱っこして診察を受けることができます。

 

③耳鼻科と病気について

 

Q:耳鼻科では、どこからどこまで診てもらえるのですか?
A:首から上が耳鼻科領域となりますので、耳、鼻、のどに関する症状はもちろんのこと、これらが関係してくる風邪なども得意分野ですので、ぜひご相談ください。

 

Q:めまいは耳鼻科を受診してよいですか?
A:めまいの原因は耳領域以外に、脳血管、神経、婦人科領域など多岐にわたります。
耳鼻科では耳に関するめまい疾患に関する検査を行い、診断により加療することになります。
めまいがひどくて動くことも困難な場合は、まず救急病院への受診をお勧めします。

 

Q:風邪をひきましたが、耳鼻科、内科、小児科どこを受診すればよいでしょうか?
A:耳鼻科では鼻やのどの奥まで観察できる設備があります。
特に風邪が長引く、頭痛や顔面が痛く重い、花粉症かもしれない、といった場合には耳鼻科を強くお勧めします。
耳鼻科は耳、鼻、のどと風邪に関連する分野においてエキスパートですので、ぜひご相談ください。

 

Q:のどに魚の骨が刺さってしまいました。取ってもらえますか?
A:口の中に見える場所に骨が刺さっている場合は簡単に取れる場合が多いです。
のどの奥に刺さっている場合は、鼻から内視鏡カメラを入れて観察しながら摘出する手段があります。
骨が確認できない、クリニックの設備で取れない場合等は総合病院の受診が必要です。

 

Q:いつもの薬がほしいです。診察しないで処方箋だけもらえますか?
A:通常時は無診察での処方箋の発行は行っておりません。
必ず診察を受けた上で、処方箋を受け取っていただきます。
ただR2年5月現在は、新型コロナウイルス感染症の心配もあり、受付までお越しいただければ柔軟に対処しております。

 

Q:アレルギーの原因の検査はできますか?
A:できます。
スギ、ヒノキ、ハウスダスト、ダニ、カモガヤ、ブタクサ、カビ等鼻炎の原因になりやすいアレルゲンへの反応を検査できます。

 

Q:花粉症なのですが、薬はいつ頃からもらいに行けばよいでしょうか?
A:スギ、ヒノキ、ブタクサ等花粉にも色々とありますが、2月上旬前後からスギ・ヒノキが、初夏から雑草花粉が飛散し始めますので、飛散する前の受診をおすすめいたします。
また、1年を通してアレルギー症状がある方につきましては、花粉以外の原因も考えられますので、一度アレルギーの原因の検査を受けることをお勧めします。

 

Q:感染症の検査はどのようなものを行っていますか?
A:耳鼻科領域の検査に始まり、季節性のインフルエンザや溶連菌等、その場で結果の出る検査も行っております。新型コロナウイルスの検査は行っておりません。

 

④新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策について

 

Q:耳鼻咽喉科で院内感染は起こりますか?
A:令和2年5月の時点で、耳鼻咽喉科で院内感染が起こった、という報告はありません。症状がある、受診を指示されている方が受診を自粛することは推奨できません。

 

Q:どのような院内感染対策を行っていますか?
A:いわゆる三密を避けるよう待合室の椅子や受付待ち行列を工夫、院内滞在時間短縮のため日時指定予約の開始やネブライザー治療制限、常時換気、院内の頻回な消毒や清拭など、可能な事は全て行っています。
職員もマスク、キャップやゴーグルを着用し、消毒や手洗いを行っています。
患者様や付き添いの方のマスク着用をお願いしており、ご協力をお願い致します。

 

Q:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査や治療はできますか?
A:当院では行うことはできません。肺炎の診断に必要な設備(画像検査など)もなく、令和2年5月時点でクリニックでの検査は原則不可能です。感染が心配な方は下記へお問い合わせください。

 

新型コロナコールセンター(東京都)

【午前9時から午後9時(平日土日祝)】 0570-550571

新型コロナ受診相談窓口(帰国者・接触者電話相談センター)

【平日:日中、9時から17時】
北区の方:北区保健所 03-3919-4500
板橋区の方:板橋区保健所 03-3579-2321
上記以外の方:各保健所の相談センター

【平日:17時から翌9時、土日祝】
東京都合同電話相談センター 03-5320-459

東京都北区赤羽北2丁目24番24号 バンイードビル2階
(JR埼京線 北赤羽駅 赤羽口から徒歩1分)
tel.03-5993-3387

  日・祝
午前 - -
午後 - - -

午前9:30〜12:30 / 午後15:00〜18:30
休診:水曜・土曜午後・日曜・祝日

インターネットからの当日仮受付・日時予約は右のQRコードか下のアドレスからご利用ください。
携帯電話からは当日仮受付のみ可能で、下の電話番号にかけてください。
受付URL http://kitaaka.atat.jp
専用電話 03-4579-7263